会長あいさつ

 当かるた協会は、昭和55年に設立して以来、旧三方町でのかるたの普及・指導に努めて参りました。
 平成16年4月には町村合併により若狭町かるた協会を設立し現在に至っております。町内での
協会の活動内容を中心に皆様方のご意見やご要望をお聞きし取り入れて徐々に充実を図りたいと思います。

 かるたは、囲碁や将棋のような頭脳競技であり、身体全体で札を取りに行くという運動系スポーツ
でもあります。愛好者は、男女を問わず世代を超えて楽しむことができるすばらしい競技です。

 かるたは、集中力や落ち着きをつかさどる脳の前頭葉をふんだんに使うため、教育として取り入れ
ている学校も少なくありません。生涯教育の一環として注目されています。

 かるたを通じて、古文・古典への学びと、試合作法・礼儀作法を身に着けることもできます。

 現在の悩みは、児童数の減少と若手指導者がいないことです。
地域によっては愛好者は多いですが、実際に競技かるたをする方々は少ないのが現状です。

これからも、若狭町でかるたに関する普及活動・情報提供をして参ります。

多くの方々のご理解、ご賛同を賜りますようお願い申し上げます。




若狭町かるた協会    会長 塚原利夫

ページの先頭へ

ページの先頭へ